お世話になってる方々

この記事は約2分で読めます。

今年5月に始めた、チリにおけるサーモン養殖の取材関連でお世話になった、あるいは現在進行形でお世話になっている主な人物を勝手に紹介します。ありがとうございます。滞在期間的にも取材は折り返しを過ぎた感触だけど、もちろんまだまだやります。むしろちょっと焦ってる。取材内容は今後、文章にしてどこかで発信しようと思っています。

目次

  1. ーチリの方々ー
  2. ー日本の方々(写真無しで恐縮です)ー
  3. ースペシャルなVALUERー

ーチリの方々ー

・最も世話になっているホルヘ・ウィルソン氏(クック・アクアカルチャー・チレ、海面養殖部長)。そのほか、クックのみなさん。

・養殖会社カマンチャカのみなさん

・種苗会社ヘンドリックスジェネティクス

・飼料会社スクレッティングのロベルト・ウェルト氏

・サーモン養殖黎明期を知るアルフォンソ・ムエナ氏

・ニコラス・ビンデル記者(写真がないけど、いつもたくさんの情報をくれる地元紙「エル・ジャンキウエ」の記者)

・そのほか、家族的付き合いを持ってくれたたくさんの方々

ー日本の方々(写真無しで恐縮です)ー

・サーモン中尾さん(現地情報など、お世話になってます!)

全日本サーモン協会 | Life With Salmon!Life With Salmon!salmon-association.com

・月刊養殖ビジネス秋元理編集長(まだ正式に発信できませんが、記事についてアドバイスありがとうございます!)

緑書房 雑誌 養殖ビジネス情報誌www.pet-honpo.com

ースペシャルなVALUERー

・NORIYUKI.Hさん(VALUでめちゃくちゃ応援してもらっています。ありがとうございます!!!)

NORIYUKI.H on VALU★☆★☆人の話を「聴く」ことを仕事とし、 そこからその人の可能性を共に見つけていく。僕の仕事は人の経験を生きる力に変えていvalu.is

タイトルとURLをコピーしました