雑記

雑記

子どもに学ぶことは多い

バックパッカーが泊まるようなドミトリーに滞在している。といっても、チリ南部は冬で観光シーズンではないため、客はぼく一人。宿には冬休み中の宿主の息子たちがいて、夜は遊び相手になっている。こどもを観察しながら、自分がこれまでたくさん知って、たく...
雑記

小さくても新しいことをやる意味

チリ南部に滞在し始めて2ヶ月がたった。連日の雨。束の間、太陽が顔を見せると、街は一気に輝き出す。雨季だからこその輝きに心も晴れやかになることもあったが、最近はそれすら飽きてしまった。とはいえ、まだこの街でしなければいけないことがある。そんな...
南米旅行

一点に縛られて、自由になる

今滞在しているコジャイケという街には、ランドマークがある。「Cerro El Divisadero」と呼ばれている。 岩壁を伴った丘なので、ぱっとみた感じは「巨大な岩」 街で迷ったとしても、すぐに見つけられる。 ある意味、この丘が...
雑記

俯瞰

コジャイケという街に行く飛行機に乗った。スマホと貴重品以外は、頭上に納めてしまった。やることがないので、何かワンテーマで記事でも書くか。空の旅にふさわしいのがいいな。旅といっても1時間だけど。。。 テーマは、「俯瞰」にしよう。 俯瞰とは...
雑記

社会で求められる「多様性」を生態学的な「多様性」で考える

 すこし前から、多様性という言葉が頻繁に使われるようになった。一般世間では、みんなちがってみんないい、というニュアンスで使われることが多いように感じる。生態学を学んだ身からすると、重要性が叫ばれる社会的な「多様性」には、少し違和感...
雑記

未知の中で、嬉し恥ずかし

 「旅の恥はかき捨て」とよく言う。ぼくは今、南米・チリに来ている。2週間が過ぎた。ほぼ毎日、知らないこと、未知と出会ってきた。それは人出会ったり、事実出会ったりもした。そうした未知の中で、恥ずかしさを感じることもある。ただその一方...
雑記

進化生態学的に情報は遺伝子

 昨年、日本イーコマース学会の第1回シンポジウム「そのうちamazonに駆逐されて終ってしまう」に参加した。お笑いコンビ・キングコングの西野さんによる講演が抜群に面白い内容だった。今回はその内容の一部を、進化生態学を学んだ私なりの...
タイトルとURLをコピーしました