牙-アフリカゾウの「密猟組織」を追って/著者:三浦英之氏

朝日新聞の記者でアフリカ特派員だった三浦英之氏の「牙-アフリカゾウの「密猟組織」を追って」を読んだ。ザ・ノンフィクション、といいたくなるような作品。三浦氏が象牙密猟の真実にねじり迫る姿や、密猟に紐づく現地の人々がリアルに描かれている。そして...

極夜行/著者:角幡唯介氏

だいぶ前だけれど、探検家でノンフィクション作家の角幡唯介さんの「極夜行」を読んだ。角幡さんの本には、いつからか脱システムという言葉が頻出するようになった。いつからかは、ちょっと覚えてないけれど。このワードは、著者自信が独自の思考で生み出した...
タイトルとURLをコピーしました